日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

ビジネス

新技術で溢れるアナログ業界

デジタル技術で廃れた業種がある。 自身の体験ではフィルム写真の業界である。 フィルムを売り、現像・焼付で潤った業界だが、デジタルカメラやスマホの出現でそれらの作業はいっさい不要となった。 印刷業界も活字を組合せていた時代とは様変わりして、多く…

愚直な一歩一歩のクオリティ

インターネットが一般化されてから今も、ブラウザを開けばヤフーの画面が(最初に開く)ホームページに設定したままだ。初めは検索エンジンとしての使用が主であったが、速報性のある情報源としての使い方が増えている。 ヤフー株式会社代表取締役社長・宮坂学…

ログイン&ペイメントで繁盛?

“爆買い”でおなじみの中国人観光客は、スマートフォン片手に買い物をするという。人気ランキングや新商品に関する中国語のネット情報をチェックするらしい。それらの情報は頻繁に更新され、突然売れ筋が変わることもよくあるとか。 ネットの口コミ情報が消費…

世間のルールは肌で感じよう

<歯を食いしばれ! グーがいいか? パーがいいか? それともチョキがいいか?> うっわぁ~!! これって軍隊じゃん、と思いきや、今は日常に交わされる家庭内の会話らしい。腕白小僧を持つママたちが、いたずらした子どもを直立不動にさせて、こう叫ぶとか…

雨の降る日は天気が悪くない

最近、朝は気持よく晴れていてウキウキしてでかけると、午後は急に曇りだして雨がぱらつくことがよくある。「天気予報もいいお天気のはずだったのに」とつい愚痴が出てしまう。 さて、詩人の土井晩翠さんが昭和の初めに書いた随筆に『雨の降る日は天気が悪い』…

出会いは7秒のムードと7%のトークから

タイトルからいくと、合コンのためのキャッチフレーズみたいであるが、新規開拓などの飛び込み営業での実体験の話である。もちろん、合コンにも活用はできる!(かもしれない)。 まず、相手にインパクトを与える話をしようと思ったら、 初対面のイメージは7…

シナリオになくてはならない隠し味

『発想はシナリオ風に』というエントリーで、私は構成とテーマについて軽く書かせていただいた。しかし、いくら構成とテーマがしっかりしていても、それはドラマや映画のおもしろさとは別物である。これから、シナリオにおける(料理でいう)「旨み成分」につ…

発想はシナリオ風に

かつて、シナリオの勉強をしていたことがある。1年で50本。課題の作品を書いた。教室の仲間たちと、8ミリ映画でも作ろうかと盛り上がり、とても楽しかった。しかし、その頃から仕事が忙しくなり、時間帯が合わなくなってやめた。 そこで教わったことは今で…

卒業発言

AKB48のセンターである前田敦子さんが、アリーナコンサートで卒業宣言をした。彼女は最近のドラマでは、脇役で脚の不自由な女の子を自然体で演じていた。 (AKB48のセンターで)華のあるあっちゃんとはまったく別人のように感じて、その演技力に感心…