日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

もうはまだなり まだはもうか

 

脇役がいるから、主役が力を発揮できる。映画や舞台の脇役は引き立て役に徹するが、主役を超える存在感を発揮することもあり、作品におもしろさが加味される。

料理でも脇役の薬味が、主役である具材のおいしさを際立たせてくれる。例えばウナギのかば焼きには、さんしょう・・などと、相性抜群の組み合わせを楽しむことができる。

俳優・井浦新さんは、主演作もあるが名脇役として映画、テレビのドラマで活躍中だ。昨春、この井浦さんが演技とは別に大きく注目されたことがあった。

<保身のために都合良く法律も政治もねじ曲げないで下さい。この国を壊さないで下さい>と井浦さんがツイッターへ書き込んだことで、賛意の「いいね」は10万を超えた。

検察庁法改正案に抗議します」とハッシュタグを付けた投稿も急拡大して、一時 その投稿数は480万件を超えたという。

 

f:id:tomii23:20211118131734j:plain

 

俳優の浅野忠信さんや秋元才加さんらの投稿も相次ぎ、作家・村山由佳さん、女優・小泉今日子さんら著名人も次々反対の声を上げた。

<国民に自粛を強いながらまるで火事場泥棒>、<コロナで大変なこの時に自分の疑惑隠しの法律とは>・・・との(当時の首相であった)安倍氏への批判は続いた。

立法、司法、行政の「三権分立」、その根幹を揺るがす検察庁法の改正案ともいえる。

定年延長は世の流れ・・といえども、内閣の判断で都合のいい人物を3年間延長できるという特例を設けたこと。そして、「森友・加計・桜・広島の選挙違反」において検事の矜持も問われて当然だろう。

問題の検事長(当時)黒川弘務氏は、定年の63歳になる誕生日前日の2020年2月7日に退官する予定だったが、2020年1月31日の閣議で定年後も半年間勤務延長されることが決定された。

それも、知人との賭け麻雀報道で2020年5月22日に東京高等検察庁検事長を呆気なく辞任することになった。

安倍氏にしても、コロナの後手後手の対応と悪事がバレる心労? だったのか、仮病を理由に2020年8月に内閣総理大臣の職を辞する意向を固めた。

 

f:id:tomii23:20211117144942j:plain

 

それにしても。今のテレビや新聞によるマスコミ報道は軟弱に感じてたまらない。

井浦新さんは明確なメッセージで気持ちを伝えた。それさえも、マスコミは対応できないようだ。安倍氏は今、政府の裏で何事もなかったように動き回っている。マスコミはそれを疑問に感じたり、正義感を持つ・・などという気持ちを持てないのだろうか。こちらにはまったく伝わらない。

<もうはまだなり、まだはもうなり>。呪文のようなこの言葉は株式投資の心得の一つだという。もう十分に株価は下がったので買い時だ、と思っても実はまだ。まだ上がるので売るのは待った方がいい、と思っても値はもう天井に達している。

さて、新型コロナウイルス対策の社会活動自粛。もう終わらせてもいいのか、まだなのか。オミクロン株という新型株も各国で登場している。季節性要因ということでは、前年の例で冬場から感染者が拡大した。

政府お抱えの医系技官たちの見解も甚だあいまいである。果たして日本の第6波の感染は来るのか来ないのか。マスコミからの情報もアテにならない。そうなると、SNSが一番まともな情報を得られるメディアのでは? なぜか、そんな気になってきた。

 

聞く百文より見た一文の印象

 

大家と店子(たなこ)とくれば,「親も同然、子も同然」。思わず落語の世界が脳裏に浮かぶ。今ならアパートや貸家の所有者が大家さんなのだろう。江戸時代の大家さんは、管理を所有者から託された人で、店子は長屋の一室を借りる人・・という関係だったという。

雇われ人の大家さんだが、その仕事は家賃の徴収だけでなく、長屋内で生活難の店子を助けたり、住人たちのもめ事を解決をしたりと世話を焼いた。

また、店子と奉行所の間に入り、住民登録や出産、婚姻等の手続きも担うなど、役所の住民サービスのようなことも行ったらしい。古き日本の人情も捨てたものではない。

さて、645年の「大化」から現在の「令和」まで、日本で使われてきた元号の数は248だとか。その中で最も長かった元号といえば昭和で。その期間は62年と14日にも渡る。一口に昭和といっても、どの時期に生まれたかで人々の思い出は大きく違ってくるはず。

 

f:id:tomii23:20211015113541j:plain


<百人までは命令で動くかもしれないが、千人になれば頼みます、一万人にもなれば、拝まなければ人は動かない>。昭和の“経営の神様”松下幸之助さんの言葉である。

いつの時代も、リーダーたちにとって人を動かす難しさは最大の悩みだ。

<何としても2階に上がりたい、どうしても上がろう、この熱意が梯子を思いつかせ、階段を作り上げる。上がっても上がらなくても、と考えている人の頭からは梯子が生まれない>とも語っている。

「聞いた百文より見た一文」ということわざもある。百文の値打ちがあると言葉で聞かされるよりも、一文といえども実際に見た方が価値がある、とのこと。どんなに話を聞くよりも自分で見た方が確実で値打ちがある。やはり、自分の経験を思い浮かべると、納得できることが多いはずだ。

昭和の時代、子どもの頃の自分も遠足などで初めて目にする見学先の光景や非日常の体験など、年月は過ぎても当時の記憶がよみがえる。

 

f:id:tomii23:20211015163739j:plain

 

一昨年( 2019年)の4月30日は「平成最後の日」で、その翌日に元号が令和になった。その前日と翌日で、何かがいきなり変わるわけではないが、遠い後年から見れば、時代と時代に境界線が引かれ、全く違っているのかもしれない。

思えば、あの新型コロナウイルス感染症が発生したのも令和の元年(2019年)であった。日本でも2020年の1月から今も、かつての“普段の暮らし”が一変した。本年の夏にはオリンピックを開催中だった東京で6千人ちかくの感染者数にも増え、コロナウイルスが猛威をふるった。

秋を迎えてやっとおとなしくなってはいるが、昨年の冬を迎える頃を思えばどうなるのか不明である。

季節性要因ということであれば、この先の第6波の感染数はものすごい数になるとの予測もされている。3度目のワクチン摂取を早めるという案もあるようだが、病室や医療体制の確保などはとても大事である。オリンピックで浮かれている中で、多くの感染者たちが自宅放置された・・この夏を忘れてはならない。

この令和の時代はまだ3年。とはいえ、今の子どもたちにはどのような景色に映り、将来への記憶としてどのように保存されていくのだろうか。

 

笑いに免疫力向上の効果あり

 

人は住む場所で“見えているもの”が、かなり違うらしい。詩人・吉野弘さんの『虹の足』では、山路を登るバスから雨あがりの虹を見たとの描写がある。

小さな村やいくつかの家が、虹の足の底にすぽっと抱かれて染められていた。なのに、虹の足に(家から飛び出して)さわろうとする人はいない。

多分、あれはバスの中の僕らには見えて村の人々には見えないのだ。そんなこともあるのだろう。他人には見えて自分には見えない幸福の中で、格別驚きもせず幸福に生きていることが・・・と。

自然の中での「天気」と言えば(日本語で)“晴れ”の意味もあるが、英語になると天気「ウェザー」の語源は“暴風”と厳しく映っている。そして、ウェザーは“(難局を)切り抜ける”という意味にもなるようだ。こちらも“見えているものの違い”があるのか。

<金は天下の回りもの>というが、商人の町・大阪にて浪速商人の解釈では、常にお金は世の中をすごい勢いで駆けめぐっている、絶対に目を離すな・・・。商いのタイミングを逃したらアカン、のだと。やはり、地域による解釈の格差があるらしい。

 

f:id:tomii23:20211015125907j:plain

 

「毎日アルコールで胃を消毒しているから大丈夫」。これは、かぜやインフルエンザが流行しているときの酔っぱらいギャグの定番だ。酒で消毒なんて冗談だろうと思っていたが現実化したことがある。それも昨年のことだ。

昨春のコロナ禍で、マスクや消毒用アルコールが不足して大騒ぎをしたのは記憶に新しい。感染拡大で不足する消毒液の代わりに使えると、サントリーの子会社が高濃度アルコールを医療機関などに無償提供を申し出た。やむをえないと、厚生労働省も使用を認める通達を出した。

アルコール度数は83~70%程度で、消毒用と醸造用がともに同じ原料のサトウキビやトウモロコシだったという。毎日呑んでいるお酒が消毒用にも使えると知り、私も「してやったり」との笑みが浮かんだのを思い出す。

さて、笑いには免疫力を向上させる効果があるという。大阪国際がんセンターの研究で、漫才や落語を鑑賞したがん患者と、鑑賞しなかった患者各30人の血液を分析したとのこと。すると、鑑賞後の患者には全体的に免疫細胞の増加傾向がみられたそうな。

 

f:id:tomii23:20211016055040j:plain

 

身の回りを見渡しても、笑えるネタはけっこうありそうだ。たとえば、この衆議院選挙もそうだ。与党の岸田新総裁は投票日を予定より一週間も早めた。ボロ隠しなのか、まるで「どさくさに紛れる」ような感じで・・・である。

「どさくさ」の語源は定かではないらしいが、江戸幕府が成立した1603年発行の日葡辞書にも、「どさくさする」の表現が載っていたとのこと。

意味は、“混雑や混乱に乗じて行動すること”を指すが、佐渡金山の人材確保のために行った博徒狩りが由来・・との説もある。島送りになる罪人は、佐渡の読みを反転させ「ドサを食った」と言ったとかで、“どさくさ”になったという。

スキーのジャンプ競技では、追い風より向かい風が有利とされる。飛行機の離発着も基本的に向かい風を利用する。とはいえ、競技の多くは逆風より追い風が有利だ。選挙戦も同様で「追い風が吹いた」という表現が使われる。

それでも、どさくさに紛れて追い風ばかりを求めていれば、高度を得られずにヨタヨタの低空飛行で終わることになる。この先、いったいどんな“まつりごと”が行われるのだろうか。

私は昨日、期日前投票をしてきた。国民意思の決定を見られるのもあと数日になっている。

 

平凡な手を続ける技術が大切

 

昨年のイギリスでは、移動通信システムが新型コロナウイルスの流行に関係があるのでは? とのうわさが広まったそうな。

また“5Gの電波を通じてウイルスが拡散”などのデマや、携帯電話の電波塔で不審火も相次いだという。

その頃、アメリカではひよこの売れ行きが異様に伸びた。社会が大きく動く時にはこれまでも売れたというが、外出禁止令が出る中にて自宅で飼って癒やしを得ようとするパニック買いだったらしい。

「当事者にとっての問題の重要性×証拠の曖昧さ=うわさの量」という学説もあるとのこと。うわさとは、(誰でも)ウイルスが心配なのによく分からない部分があるからこそ、出回ってしまうものなのか。

人をだましたり、ウソをつくと罰が当たりひどい目にあう。『猿蟹合戦』や『カチカチ山』など、おとぎ話にも教訓は多い。

 

f:id:tomii23:20171009141038j:plain

 

ただ、少し難解なのは『浦島太郎』か。亀を助けて良いことをしたのに、おじいさんにされてしまう。きっと、竜宮城でもてなされた感謝を忘れ、もっともっといい品がないものか・・・と玉手箱を開けたからなのか。

元来 人というもの、良いことをしたと思ったときほど良い人間でいることは難しいものなのだろう。

さて、「受け」の達人と言われたのは将棋の大山康晴15世名人である。広く局面をとらえ、相手の狙いを予知して防ぐ。

大山名人は不利になっても辛抱強く持ちこたえる。将棋以外でもすべてに用心深く、それでいて決断が速い。酒もたばこもその気になれば即座にやめる。自制心の強さなのだろう。
目的は勝つことのみであり、それを貫徹すれば非凡になる。

「普段の生活がしっかりしている人が強い。最高の技術というものは平凡な手を続けること」と、名人は愚直な努力を生涯怠ることがなかった。

 

f:id:tomii23:20171009133101j:plain

 

昨年のコロナ禍の日本で、「あなたはルイ16世か」とこき下ろされた御仁もいる。星野源さんの歌をバックに、自宅のソファで愛犬をなで お茶を楽しんでいる。当時の首相・安倍晋三さんが投稿した動画である。「いいね」の反面、厳しい声が多数投稿された。

「家でくつろいでいたら食べていけない」。「休業で仕事を失った」人たちもいる。とてもではないが、あの笑顔で納得できるはずがない。

「店がつぶれそう」、「早く感染確認の検査を受けさせて」・・・と、苦境にあえぎ支援を求める人々からも、その“無神経ぶり”への反発が次々と届くのは当然のこと。

権力を盾に国会では笑いながら118回ものウソを並べ、今もなお新首相を操ろうとしている。嘘に嘘を積み重ね、そのまた嘘もバレないようにと必死なのがとてもよくわかる。
操られる岸田さんも問題であるが、名人とはまったく無縁の“安倍&麻生の最悪コンビ”で濁りきったこの長期政権。

真にクリアできる日のくることを、国民のひとりとして心より待ち続けている。

 

今アビイ・ロードの人影は?

 

「本当にここでやるの?」とリンゴ・スター。そして、『ゲット・バック』の演奏が大音量で始まる。寒風の中で・・・だ。

イギリス・ロンドンの古いビルの屋上で歴史的なライブがスタート。1969年1月のことだった。

タクシーの運転手さんは車から降り、街行く人々も空を見上げ(屋上から響く)ポール・マッカートニーの歌声に驚き、聴き入った。

それは“ルーフトップ・コンサート”と称され、彼らにとっては最後の生演奏だった。

ドキュメンタリー映画『レット・イット・ビー』は今も新鮮だ。スクリーンの中のジョン・レノンのギターの弾き方がすごくカッコいい。

そして、バンド解散へと傾く物悲しさは全編に漂う。

ロンドンには世界で最も有名な横断歩道あり、観光名所になっている。1969年に発表されたビートルズのアルバム『アビイ・ロード』。それを録音したスタジオのそばにあり、メンバー4人がアルバムのジャケット写真で渡っているあの横断歩道だ。

 

f:id:tomii23:20161007101621j:plain

 

昨春は、世界中からファンが引きも切らず訪れるその横断歩道も、コロナ禍で閑散としていたという。

これまで人が絶えず、改修もできなかった古い横断歩道だった。人影が消えたうち・・・とばかりに塗り直された。そしてネットで見たら、縦横の線は真っ白で真新しく、(あの名所とは別物のように)横断歩道が変身していた。

さて、コロナ禍の影響はアビイ・ロードのみならず、世界中のいたる所に変化をもたらしていることだろう。

人流を減少せよ、飲酒は許さん、しかし抑制させた代償の金は出さん・・・。なんだか意味不明な“ナントカ宣言”が年明けからずっと続いたこの国。しかし、感染者が激増している最中に大金をはたいて五輪・パラを開催。納得できないことだらけである。

明日からは緊急事態宣言も解除とか。急に新規感染者が減ってきているからだろう。ところがなぜこんなに減ったのか、政治家や医師も理解できず明確な説明もないに等しい。

ワクチン効果はあるかもしれないが、有効期限が切れればそれでおしまい。その効果も新種には弱く効きめがどんどん減少するし感染もするという。

 

f:id:tomii23:20161015151712j:plain

 

季節性コロナウイルス感染症は冬に多いとの説がある。

「季節要因」という言葉をネット検索してみたところ、わかりやすい例え話があった。

卵価は年末に高くなり年明けに落ち込む。そして、春先から初夏で底になるという。一定のリズムの季節変動性を持っているのだ。

卵価が春から夏にかけて安くなる要因は、季候の良くなる春先から一羽あたりの産卵が向上する反面、夏場に向けて腐食しやすいため外食産業や一般家庭の消費が減退する。理由は供給過剰になるからである。

逆に、秋から冬にかけて高くなるのは、鍋物やクリスマスケーキなどの食品の伸びによる需要の増加のためらしい。

物事はわかりやすく説明する必要がある。

政府おかかえの分科会・尾身茂さんなどは、感染者の増減は「神のみぞ知る」と発言したとか。昨秋も感染者が減少して、政府指導でGoToキャンペーンをさんざん煽った。その年末から今に至るまでの動きはいったいどうだったのか。なんの反省もないままだ。

もっともっと頭を使って、解明をしていただきたいものである。

 

笑いは“緊張の緩和”で起きる

 

この人を初めて生(なま)で見たのは、2003年に渋谷のシアターコクーンにての『さあ、殺せ!』という演劇であった。

当時、久世光彦さんの演出で、沢田研二さん主演のお芝居が定期的に行われていたと記憶する。そして、そのときの演劇でゲストとして共演したのが志村けんさんであった。

沢田さんと志村さんの息が合う名コントは、それ以前もテレビ等でたくさん観ていた。もちろん、あのお芝居でもたっぷりと楽しませていただいた。

観客席には作曲家・小林亜星さんもいて、開演前のトイレで偶然お目にかかった。亜星さんといえば、1974年のテレビドラマ『寺内貫太郎一家』に主演して大ヒットを飛ばした。向田邦子さんの脚本、プロデュースが久世光彦さんというご縁で、当時もつながりがあったようだ。

 

f:id:tomii23:20181020102730j:plain

 

さて、“テレビっ子”とは物心がついた頃にテレビがあり、その影響を受けて育った子を言うらしい。ネット配信が全盛の今ではその言葉も死語になったようであるが。

テレビっ子の第1世代はクレイジーキャッツ世代でもあるのか、私だと下ネタの入るコミックバンドのドリフターズには距離感が少しあった。とはいえ、同じ渡辺プロの弟分として親近感はあった。

そして、“低俗”とやり玉に挙がりつつも、ドリフターズお笑い番組8時だヨ!全員集合』は、70年代には視聴率50%を超えるお化け番組になった。

メンバーの荒井注さんが抜けたあとに、付き人だった志村けんさんが登場。当初はなかなか受けずに苦労したが、ギャグが大当たりして中心メンバーへと成長。そして、ネタ作りでもその才能を開花していくことになる。

 

f:id:tomii23:20181002144347j:plain

 

志村さんのネタ作りは独特だったようだ。スタッフと一言も口をきかず何時間も黙考。ネタができたらかんたんに指示をするだけ。そして、「お疲れさん」と去っていく。作り込んでいるのにシナリオがないように見えるのが特徴だったともいわれる。

大人からは下品な悪ふざけに過ぎず、子供の教育上よろしくない・・・と。志村けんさんの芸はそんな風にみられてきたが、とても研究熱心で丁寧に笑いを作っていた。

志村さんは、学究肌で知られる二代目桂枝雀さんの落語を好んで聴いた。おそらく、相通じる部分があったのだろう。

時間があれば朝から晩までネタを考え続け、寝入って見た夢も枕元のメモ帳に書き込んだ。また、自宅にある数千本の映画やドラマのビデオも、音楽の使い方からカメラ割りまで、コントの参考にする絶好の教材となった。

枝雀さんによれば、笑いは“緊張の緩和”で起きるそうな。

古典落語の下げは、聞き手がそんなアホなと突っ込みたくなる「ドンデン」「へん」。また、なるほどとうなってしまう「謎解き」「合わせ」の計4つに分類できるとのことだ。

その奥には、綿密なネタ作りが潜んでいるからこそ楽しくなってくる。

 

テレワークの普及は餌食なり


東京と熱海(静岡)の間に電話回線が設けられのは、約130年前らしい。一般加入者の募集のために、政府は財界人及び著名人を800人ほど招待して実体験を行ったそうな。

その効果は抜群で、離れた場所からの声がはっきりと聞こえる。その宣伝は大成功かと思いきや、思いもよらぬ意見が飛び交った。

「これほどまでにハッキリと通話を媒介するのなら、コレラ菌も広がるはずなので怖い」とだれかが言い出したことで、失敗のきっかけになった。

当時はコレラが流行していたこともあり、結局わずかな申し込みで終わったという。

 

f:id:tomii23:20210407140420j:plain

 

将棋の実力制第四代名人の升田幸三さんが十四世名人の木村義雄さんと指した際、窮地に立った升田さんは(盤面でなく)木村さんの息遣いに目を凝らした。

息を吐こうとした瞬間、バシッと駒を打つ。すると木村さんはハッとするわけだ・・・と。升田さんはそれを繰り返すうちに木村さんが乱れて、逆転勝ちをした

<息を吸うときは、無意識のうちに全身を緊張させるが、吐くときは逆に弛緩する。その虚をつくと、動揺が大きい>。隙が生まれやすいのは、“吸う”ではなく“吐く”ときらしい。

今や主流ともいえるデルタ株のコロナウイルスは、従来の飛沫感染から空気感染へと大きく変わっている。

気体中に浮遊する微小な液体または固体の粒子と周囲の気体の混合体をエアロゾル(aerosol)と言い、もはやアクリル板も通用しなくなっている。

気体中だとピンとこないが、禁煙中の部屋でだれかがタバコを吸って吐き出す煙を想像すればわかりやすい。タバコを吸う人を陽性者にたとえるなら、どれだけの人が感染するか、という確率がハッキリする。

 

f:id:tomii23:20210407141617j:plain

 

昨年初めのころまでは“ウイルス”と聞けば、パソコンやスマホの話かと思ったもの。それがいまや、現実空間に浮かぶ目に見えぬあの球体を思い浮かべるようになった。

政府や自治体ではテレワークの普及を促せ続けているが、インターネット上で悪事をたくらむ者にとっては願ってもないチャンスになるかもしれない。

会社のシステムがいかに強靱であろうが、外からつながるパソコンの数が増えれば増えるほどリスクが高まるのは当然。ウイルスに感染させて内部へとさかのぼり、情報を狙うわけだ。

機材も心構えも十分理解できずに、あわてて始める駆け込みのテレワークを、ネットに潜む犯罪者グループたちは手ぐすね引いて待ち構えるはず。それこそがなによりの餌食なのだから。

 

哀れ ねずみ男と子泣きじじい

 

コロナ禍で、猫も杓子も政治家もよく使うエビデンスという言葉。ネットで検索すると、科学的根拠、臨床的な裏づけということらしい。

といっても、このふたりの話からはエビデンスがさっぱり感じられない。現首相の菅氏と政府の分科会の尾身氏である。

デルタ株やラムダ株と、どんどん進化する新種のコロナは空気感染で、“濃厚接触”という枠組みで括れる次元ではなくなっている。ワクチン接種でも感染するし、ワクチンも半年くらいで期限切れだとか。

ネットでは、菅氏が子泣きじじい、尾身氏はねずみ男と呼ばれていた。たしかに、 風貌は似ているが中身は大違いである。私は『ゲゲゲの鬼太郎』で、ねずみ男の大ファンであり、子泣きじじいの優しい目がたまらなく好きだ。

 

f:id:tomii23:20210113125752j:plain

 

マンガの中のふたりには人情や感情もたくさん感じられる。尾身氏はただの御用学者で、保身には気を遣うが新しい勉強をまったくしていない。

菅氏とくれば腐った魚のような目で、国民への説明もなしに裏でコソコソと腹黒い。学術会議の任命拒否を追求された菅氏は、「説明できることと、できないことがある」と言い放った。説明できないことを権力で勝手に行う首相って・・・国民にとって危険極まりない。

東京のコロナ感染で、自宅の療養者は一ヶ月で14倍だという。あんなに飲食店を締め付けて今のこの結果。感染経路のグラフでも自宅感染が60%に対して、会食での感染は5%だ。それなのに緊急事態宣言ではバカの一つ覚えで変えようという頭がまったくない。

おまけに今度は自宅療養を増やして防ごうという魂胆である。トイレや風呂場が複数あるなどと、完全隔離できる家がいったいどれだけあるのか。家族全員が感染してどんどん増えるということを考えられないのだろうか。

ひとり暮らしならなおさらだ。自治体で食事を配布するところもあるかもしれないが、かろうじて歩ける状態なら必要なモノを求めてコンビニへも行くこともある。

「説明できることとできないことがある」という発想で、なにも学ばないまま国を動かせられたらたまらない。

 

f:id:tomii23:20210113154913j:plain

 

私はこの数年、自治体のパートタイムをかけ持ちしていて、自民党ファンが多いのはよくわかっている。それにしても、今の政府の顔ぶれを見ると本当にひどすぎる。

政党支持率の推移で時事通信が実施した7月の世論調査では、自民党が21.4%、立憲民主党は4.5%、公明党が2.5%など・・・であったが、「支持政党なし」は63.9%だ。

この秋の衆議院選挙は国民の声を届けるなによりのチャンスのはず。自民党が好きで好きでたまらない人はそのままでいいだろうが、居酒屋と客の不満を票にしてみたり、いやな人の票を減らすための努力で与党以外の人への投票をしたら、きっとなにかが変わる。

野党が弱いからわざわざ投票に行かない・・・という人も、気に入った人に票を入れてみる。結局は人間であり、「支持政党なし」の底力は大きいはず。

野党一党への集中などは無理でも、与党が100議席落ちたらおもしろくなる。今まで投票をしなかった人の票も集まればすごいだろう。

そして、この秋が絶好のチャンスであり、最後かもしれない・・・が。

 

人の口が3つ寄り 評判が立つ

 

黒澤明監督の映画『悪い奴ほどよく眠る』(1960年)のオープニングシーンは、結婚式で登場人物が一堂に会していた。そこでは、公団の汚職に絡む複雑な人間関係が手際よく説明されていた。

事件の始末を幹部が末端の職員に押しつけ、自殺に追い込んでもみ消しを図ろうとする内容だったと記憶する。

哲学者・梅原猛さんいわく「どうでもよいことはきわめて正しい真実を語り、自己の政治支配を合理化する点においては、きわめてたくみにうそをつく意思がはたらいている」・・・のだと。日本書紀などでも、歴史とはそのときの権力者に都合よく書かれるものなのらしい。

さて、この方もきっとよく眠られていることだろう。安倍前首相である。うその上書きを、現代の官吏が行っていたのが森友問題をめぐる財務省の公文書改ざん騒動である。自殺に追い込まれた人がいても知らん顔のまま。

 

f:id:tomii23:20210113160341j:plain

 

また、安倍さんは眠ることだけでなくよく笑う。桜を見る会のゴタゴタでは、国会で笑いながら118回も嘘をついた。

「鉄面皮」は鉄のような面の皮のことで、恥を恥と思わないさまをいうそうな。厚くて硬い皮一枚は防具にもなる。そしてその皮の上に笑みを浮かべるのだから、理解しがたい神経だ。守ろうとしたのは国のトップの立場か、わが身か。おそらくその両方だったのであろうが。

日本はニホンとニッポンのどちら? この議論のテーマは昔からのもの。どちらでもOKというのが正解だという。2009年に政府が「いずれも広く通用しており、統一する必要はない」と閣議決定している。

国の名の読み方なのに、おおらかでありあいまいさも感じられる。ニホンと口にすればやさしく聴こえ、美しいニホンの景色や季節の移ろいも連想される。ニッポンだと力強く、経済が元気だった時代に海外で活躍するチャレンジャーだったニッポン人の姿が浮かぶ。

 

f:id:tomii23:20210113162722j:plain


だから「がんばれ!」とくれば、続くのはやはりニッポンなのだろう。そんな声援あふれるはずの東京五輪も、相次ぐトラブルと新型コロナ禍でゴタゴタのままに開催。

人が3人寄れば社会が生まれ、人の口が3つ寄れば評判が立つ。「品」という字はよくできている。「しな」と読んでいろいろな物を、「ひん」と読んで物の等級や人柄を表す。物の値打ちも人柄の尊卑も決めるのは他人の口、つまり評判である。

それにしても品のない与党の政治家たちが目につく。「反日が五輪反対」とほざいていた安倍前首相は、雲行きが怪しくなればサッサと五輪の開会式の出席ををキャンセル。それも前日の鞍替え発表だった。

飲食店いじめに強硬な態度を示した西村大臣も、影で糸を引く菅首相にあっさりとしらを切られ、持ち前のチャラさが露呈した。その強行ぶりを見て見ぬ振りしていたのが麻生氏。この人って副首相だったと思うけど。もはや品がないとかの次元ではなく、無知な者たちの集まりになってきた。

 

なにかの実験なのか東京五輪


米国での奇想天外な実験を集めた文庫本に『狂気の科学者たち』がある。記憶のテストでは、あなたが5歳のときショッピングセンターで迷子になったことを覚えていますか? 
24人中7人が「もちろん」と答えたという。誰も迷子の経験などないのに・・・だ。

困った能力が人間にはあるようだ。ありもしないことなのに、そんなことも(言われてみれば)あったね、と冗舌に話し出す。

思えば、大ヒットの商品名も消費者になじみが深くなりすぎて、それが一般名詞と思い込んでしまう。

電子オルガンのことをエレクトーンと思い込み、ツナ缶がシーチキン、ラップはサランラップ等に、固有の商標が品物の名にすり替わる。

 

f:id:tomii23:20210613162021j:plain

 

“朱肉つきはんこ”のシャチハタもメーカーの名前であり、銀行や役所などで「シャチハタでもかまいません」などと普通に使われている。

余談だが、正式な企業名はシヤチハタだという。また、カメラやレンズでお馴染みのCanonもキヤノンと書く。

さて昨年から、シヤチハタのアイデア商品が、新型コロナウイルス対策になると話題になった。ばい菌キャラの描かれたスタンプを、帰宅した子どもの手に押すものである。

その手を消えるまで洗うと、コロナ対策で推奨される20秒以上になるという。害にならないものにて手を汚すことで、丁寧な手洗いをうながす逆転の発想なのだ。

また、シヤチハタは“はんこの不要論”の対応で、電子印鑑をテレビのCMで流していたが、こちらの反響はいかがなものか。ずっと以前からフリーの電子印鑑ソフトがあったり、エクセルなどでも作成をしてかんたんに使えている。私には必要ない商品だが、市場のニーズがどれくらいあるのかを見てみたい。

 

f:id:tomii23:20210613124050j:plain

 

古代五輪の発祥地・オリンピアでの競技会は真夏に開かれており、見物する側にとってもかなりの苦労だったという。観戦しながら日に焼かれることは、当時の重労働であった粉ひきよりもつらい罰になる・・・などの記述もあったとか。

酷暑の中での開催といえば東京五輪パラリンピックもそうだ。2013年に開催が決まったが、なぜ猛暑の中でやらなければならないのか? そのニーズがまったくわからず、当時からずっと反対であった。

日本の夏は、熱中症という言葉のない時代に比べて、明らかに暑さの質が違っている。近年はとくに、熱中症で命を落とす人が急増。

統計史上で初めて、2010年に年間1千人を超えてから、19年までには計4回、1千人超の死者が出ている。そして、19年までの10年間の死者数は、それ以前の10年間に比べほぼ倍増だ。

“それどころじゃない”という言葉は人を強く引っ張ってしまう。自らは右往左往の“右往でやめて判断”で、情報を見極める冷静な対応が必要になる。

反面、どれだけ“それどころじゃない”非常時なのかわかっていないのが、国の責任者たち。少人数の来日外国選手に対したコロナ対策でも、すでにボロを出している。これから万単位の外国人が入国したら、いったい何が起こるのか。

もし、大量の熱中症患者や感染の拡大が起きたら、誰が責任を持ち、どのように対応するのか。その概要が、国民にはまったく伝わらない。

もしかして、神風が吹くとでも思っているのだろうか。