読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

Windows10よりDOSが宝物

先月よりWindows10が勝手に更新され、ユーザーが困っているとの話を訊く。知人は、Windows8のパソコンを使用中にそれが始まり、長時間の中断を余儀なくされた。 開始直前に通知が表示されるが、更新回避の方法がとてもわかりにくいとか。昨…

単機能を集めて楽しめるモノ

Windows10は私にとって快適である。たまに不思議な動きもあるが、今までと同じく再起動で元に戻る。前のOSで重宝していた3つのランチャー(メニューソフト)も健在で、スタートメニューのタイルに登録して、作業中にお気に入りのソフトがすべて自…

Windows10に歴史観

私の持つスマホ、iPad、Androidタブレット(Nexus7)では、まったくと言っていいほどカスタマイズをしないが、パソコンになると自分が使いやすいようにと、徹底的にカスタマイズしてしまう。 単機能で軽いフリーやシェアウエアソフトをいくつ…

未来の未来は今にあるはずが

ジャンルを問わず、海外ロケのテレビ番組を観るのは楽しい。ロケの際、スタッフは仮払金をもらい出かけるという。そして、帰国後のアシスタント・ディレクター(AD)には、精算という大仕事が待っている。 かつて、ツワ者ADさんは、何百枚もの領収書が必要…

十年前に起きた或る事件とは

殿様の名前が書かれた紙を誤って足で踏み、叱られた。少年期の福沢諭吉さんである。 「殿様で悪いのなら、神様はどうか」と今度は、神社の御札(おふだ)を踏んでみた。何ともない。 御札もたまったものではないが、その満ち溢れる探求心に免じて、神様も大目に見てくれ…

やっぱりMSくんだぁ

WindowsXPがあと半年でサポートの期限切れである。朝刊の見出しに載っていた。歴代の名作OSとの誉れも高く、今もビジネスの現場で現役として活躍しているXP。そのXPのシェアは、未だに20%を維持しており、期待されていたWindows8…

読み返してみると

最近、さぼり気味であるが、気が向くと電子書籍を読むようにしている。青空文庫の蔵書?だけでも、一生かけても読み切れないだろう。どちらかというと、数十年前に読んだものや、当時読み損ねたものをよく読んでいる。 私の好きな戦後の無頼派たち。太宰治さ…

朝のたわごと

学生時代は部活も一応やっていたが、基本的に帰宅部で、アルバイトや映画、スケートによく通っていた。映画館もスケートリンクも学校の近くにあったからなのであるが、休みの日にしか行けないのではなく、毎日行けるということに意義があった。アルバイトで…

懐かしさとの再会

学生時代に、戦後の無頼派と称される太宰治、坂口安吾、織田作之助の作品を読み漁ろうとした。太宰さんはほとんど読めたと思うけど、あとのふたりの作品がなかなか手に入らなかった。新刊、古書のいろんな書店で探したり、多くの図書館にも通った。でも、だ…

読書もいいかも

電車に乗っているときや、公園のベンチに腰かけているときに、バッグの中にある本を読むのが習慣であったが、最近はタブレットを開いて(インターネットで)調べものや入力、またはメールのチェックと読み書きをしている。 おかげで、読書がまったくできない状…

メールソフトにはこだわりたい

iPadに付属のメールソフトは予想どおり使いにくい。パソコンでは長年愛用の「Becky! 」というすぐれモノがあるのに、こちらはあまりにも非力すぎる。比較するのはコクと知りつつ、なんとかならないかと奮闘してみたが、やっぱりだめだった。短文の…

本で読む映像

小説やマンガが原作の映画やテレビドラマは、昔から今も多くある。 割合でいけば、オリジナル作品よりも原作ものの方が多いであろう。 原作を読んで、あとから映像を観ることもよくあるが、その逆に映像のあとに本で鑑賞することもある。私の場合、石坂洋次…

うれしいヒント

今読んでいる、小説『マディソン郡の橋』の中にお気に入りのフレーズがある。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ やがて、自分が写真に撮っていたのは物ではなく光だったことに、彼は気づいた。被写体は単に光を反射…

楽しいお小遣い管理

ど真ん中に家計簿ソフトを置く管理を実施しています。 私はパソコンにフリーソフト「Money通帳」を利用しているのですが、電子マネーやクレジットの現状が一目瞭然でとても便利です。現状どころかその先のシミュレーションさえもできてしまうというスグレモ…