読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

「時」とは魔法のようなもの

自然・動植物・宇宙

 

2006年のトリノ冬季五輪スピードスケート女子500メートルで、岡崎朋美選手は0.05秒の差でメダルに手が届かなかった。

それを伝える当時の新聞記事の形容が、とても印象深かった。

25億円分の1円玉を1枚ずつ積み上げていく。それが空の高みに立つと、はるか眼下に地上は霞んで見えるほどだという。

24億9999万9999枚を積み、手のひらに残る1枚。その1円玉ひとつを置き換えて、“0.05秒”という時間が「4年という時間の約25億分の1」になるそうだ。

 

1788

 

ときに勝負の神様は非情でつれない。時間というのは不思議なもので、記憶をとどめずに過ぎていく1日がある。印象が薄く思い出せない1年もある。

そして、25億分の1。人々の胸に刻まれる0.05秒もある・・・のだと。

七曜(しちよう)とは1週間の曜日のことであり、太陽と月に火・水・木・金・土の5惑星を合わせた名称でもある。

<おかげさまで、月月火水木金金の忙しさです>。
古き昭和の時代には、商売のこんなあいさつが聞かれた。

土日が永遠にこない1週間の言い方であり、戦時中は厳しい訓練の日々が軍歌にうたわれた。

戦後の高度成長時代では、モーレツに働くことがたたえられ、その価値観はつい最近までしぶとく残っていたかに思える。

 

1789

 

アリという生物は、効率よい“休み”の取得により集団の絶滅を防いでいるようだ。
アリの集団には常に2~3割働かないものがいる。しかしサボっているわけではなく、働くアリが疲れてくると代わりに動き始めるらしい。休まないと、群れも個体も衰弱する。

休みは職場だけのことではなく、個々に子育てや介護に追われ、その先には危機が深まっているようにも感じる。

月火水木土日日・・・と。すでに週休3日制を始めた企業もあるとは訊くが。

地球環境を語るとき、引き合いに出されるクイズがあるらしい。

ある池では蓮の葉が1日たつと2枚に増える。2日で4枚、3日で8枚・・・。
計算すると、30日で池は覆い尽くされることがわかった。

それでは、池の半分が蓮の葉で埋まるのは何日目だろうか? 
答えは、“29日目”なのである。

破局の瞬間が翌日に迫っている。それでも<まだ、半分残っているさ>と、たかをくくっているうちに手遅れになるのが、地球という名の池。

近年の大災害や各国を治める者たちを見るたび、このクイズをジョークとして受け取ることはできない。

 

広告を非表示にする