日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

上から目線でヨコハマを

高いところが苦手なせいか、スカイツリーの真下に行っても、東京タワーを見に行っても、ここからすぐ近くのマリンタワーでも、上に登ろうという気持ちにならない。

 

f:id:tomii23:20130813111615j:plain

横浜といえばこの風景というくらいなのであるが、向かって左の横浜ランドマークタワーや右のスイカを切ったようなヨコハマグランドインターコンチネンタルホテルも、そして観覧車だって新しい建物ばかりである。ここに訪れるたびに、古くて新しいふしぎな空間の感覚がおもしろくてたまらない。

 

f:id:tomii23:20120723145333j:plain

f:id:tomii23:20120723145645j:plain

ここからは横浜ランドマークタワーの展望フロアからの目線である。みなとみらいの遊園地がおもちゃのようである。

 

f:id:tomii23:20120723144310j:plain

f:id:tomii23:20120723144147j:plain

吉田拓郎さんの初期の楽曲で『おろかなるひとり言』という作品がある。「♪♪ 丘をのぼって下界をみると 小さな世界がそこにある・・」と、思わず口ずさんでしまう。

 

f:id:tomii23:20120723145312j:plain

f:id:tomii23:20120723144211j:plain

「♪♪ ひとはあくせくどこへ行く ひとは疲れた足どりで・・」。やはり、おもちゃのように見える建物や車。その中には人がひしめいているのだろうか。

 

f:id:tomii23:20120723145255j:plain

このあたりは、中華街や元町、そして私の好きな馬車道もある。お盆休みには多くの人たちでにぎわったことだろう。連休明けの昨日からは「♪♪ しかもひとはいそいでいた」なのだろうか。

広告を非表示にする