日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

気の合うお相手は

自分の飲み仲間たちを振り返ると、どうしても身近な職場の人間を見つけて、巻き込むというパターンが多かった。そして、転勤や退職などにより相手が変わっていく。

 

281282 

 思い起こしてみると、よく飲んだ彼らに共通なものがある。それはなにかというと、

  ○飄々(ひょうひょう)としている。

 ○兀兀淡淡(こつこつたんたん)である。 

その大らかさは、仕事でも遊びでも、スタンスが変わらない。
そういうところが自分にはないものだから、惹かれるのかもしれない。

 

283 284 285

 

ずいぶんとおバカなこともやってきたが、なぜか波長が合う。
顔を見ると、ツッコミやチャチャを入れたくてたまらなくなる。すると、その返しがこれまた粋なのである。
泣き上戸、笑い上戸、怒り上戸。とあるが、我々は誉め上戸なのである。
かつて、「誉め殺し」なる言葉が流行ったが、そのはるか前から、酔うと互いに「誉め殺し」が止まらない。

 

286 287

 

ずっと男どうしの飲み歩きであったが、この十年くらいは、なかなか彼らのような男たちが見当たらない。かえって女性の方が豪放磊落で、飲んでいてとても楽しい。年齢的なものもあるのだろうか、(私の出没範囲で)男性たちは夜遊びに余裕のない傾向のようだ。ブログを読ませていただいても、飄々(ひょうひょう)として、兀兀淡淡(こつこつたんたん)な女性が多くて楽しい。

広告を非表示にする