読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

この夏の徘徊

旅・名所 散歩 自然・動植物・宇宙 生活・娯楽

今年は5月に何度か宿泊旅行をしていたので、その先はおとなしくしていようと思っていた。しかし、6月から今になっても宿泊と日帰りで、あちらこちらをうろうろしているようだ。本人には自覚がないのであるが、写真が残っているのでおそらく・・・。

 

f:id:tomii23:20130608092105j:plain

f:id:tomii23:20130608094319j:plain

f:id:tomii23:20130608093623j:plain

f:id:tomii23:20130608124032j:plain

初めての忍野八海である。水が冷たくてきれいであった。まだ、世界遺産登録前であったので、車も駐車しやすかったし、適度な混み具合でよかった。

 

f:id:tomii23:20130608135520j:plain

f:id:tomii23:20130608135203j:plain

河口湖の水位が低下して、湖底の一部が露出する事態で、六角堂まで歩いて行けた。テレビでは観ていたが、自分で歩いていくとなんとなく不気味であった。

 

f:id:tomii23:20130609050223j:plain

f:id:tomii23:20130609052523j:plain

山中湖の近くに宿泊。前日には見えなかった富士山が早朝に顔を出してくれた。宿泊地の窓からの撮影である。この夏、頂上にも多くの人で溢れ返っていたことと思う。

 

f:id:tomii23:20130609100357j:plain

f:id:tomii23:20130609101030j:plain

 久しぶりの白糸の滝である。6月の初めであったが、この日も暑かった。紫陽花が咲いているかと期待していたが、まだ早かった。

 

f:id:tomii23:20130622091144j:plain

f:id:tomii23:20130622092353j:plain

f:id:tomii23:20130622094229j:plain

 梅雨の雨が上がったので、どんなものだろうという気持ちで出かけたら、あたり一面の紫陽花であった。

 

f:id:tomii23:20130706081235j:plain

f:id:tomii23:20130706082340j:plain

平塚の七夕祭りは強風であった。あの大きな飾りが飛んでいかないか心配であったが、風も止み真夏の暑さになっていた。

 

f:id:tomii23:20130727170803j:plain

目の前で観た阿波踊りは動きが激しかった。考えてみるとこんなにゆっくりと観たのは初めてかもしれない。

 

f:id:tomii23:20130617141929j:plain

f:id:tomii23:20130804115914j:plain

f:id:tomii23:20130807131944j:plain

炎暑といわれたこの夏は水遊びが格別であっただろう。こどもたちも気持ちよさそうにはしゃいでいた。

 

f:id:tomii23:20130807120843j:plain

f:id:tomii23:20130807140634j:plain

f:id:tomii23:20130808123543j:plain

川と海もにぎわっていた。海に入ってみて、海水ってこんなに暖かかったっけ?と首を傾げた。この陽気で海水温も上がっているのでは、と心配になる。

 

f:id:tomii23:20130807141156j:plain

 【「夏の写真2013」】

広告を非表示にする