日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

或る休日の散歩

朝早めの海岸公園では、朝食をくわえたトンビがいた。のどかさの中、すぐ近くで猛禽類を見られるのがおもしろい。

 

f:id:tomii23:20130512082328j:plain

 

前日の雨がやっと上がり、道路もまだ乾ききっていないようだ。この日は晴れ間も出たが雲は多かった。

 

f:id:tomii23:20130512082629j:plain

 

朝の海を眺めるのは気持ちがいい。小さなカニたちも一生懸命に朝食を摂っていた。人出もまばらで落ち着けるのであろう。

 

f:id:tomii23:20130512082727j:plain

 

丘の上からの雲と海の眺めである。大きな建物もマッチ箱みたい。雲は山からの煙のようにモクモクしている。

 

f:id:tomii23:20130512095146j:plain

  

また、朝食をくわえたトンビがやってきた。このあたりに巣でもあるのだろうか。目の前を大きく旋回してくれたが、ベストショットを撮り逃がした。

 

f:id:tomii23:20130512095317j:plain

 

ひょんなことからカラスの巣が現れた。数羽のヒナもいて母親から口移しの食事をしていた。撮影のタイミングがホンの一瞬だったので、わかりにくいのが残念。

 

f:id:tomii23:20130512100843j:plain

 

樹齢2千年の大木を見てきた。この樹木は2千年の間、なにを見てきたのだろう。力強さを感じる。もちろん、パワースポットとのこと。

 

f:id:tomii23:20130512102450j:plain

 

花々が満開のときは、多くの人々が集まってきたそうである。今でも、ひっそりと静かに咲いているのがいとおしい。

 

f:id:tomii23:20130512105604j:plain

 

峠の頂上から眺める海岸通り。ベテラン登山者たちの話では、これほどハッキリ見られるのはめずらしいそうである。

 

f:id:tomii23:20130512115036j:plain

 

重い雲が流れてくれると、絶景の富士山にお目にかかれるはずであった。今年は5月にしてはめずらしく富士山がよく見られる、と聞いていたので、期待していたのに。

 

f:id:tomii23:20130512115522j:plain

 

ここに来るのは数十年ぶり。お城の姿は変わらないが、周辺の変化にはおどろいた。たっぷり時間をとらないと、すべてを鑑賞できないほどである。

 

f:id:tomii23:20130512141009j:plain

 

おどろいたのは、戦国コスプレをした若い男女が多くいたことである。(肖像権の侵害はいけないので)撮らなかったが、本人たちは三脚でポーズをとり自分撮りであった。

 

f:id:tomii23:20130512142843j:plain

広告を非表示にする