日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

浜離宮恩賜庭園と東京タワー

天気予報では晴れ間が出て、10度になるようなことを言っていた。
それならばと早起きをして、東京へ出かけてきた。
行ったはいいけどずっとどんより曇って寒かった。

とりあえずの目的地として、汐留の浜離宮恩賜庭園という所へ行った。
新橋駅から歩いて行ける距離である。数年の遠距離通勤でよく通ったのにこの庭園に来るのは初めてである。とても静かで落ち着けて、ロケーションもすばらしい。まったく知らぬままここを電車で通過していたとはもったいない。

浜離宮恩賜庭園で1時間ほど過ごしてから、やはり歩いていける東京タワーをめざした。東京タワーのそばへは仕事で何度も来ているが、こうしてゆっくりと歩きながら眺めるのはめずらしいことである。
かれこれ40年ほど前に友人と上まで登ったような記憶がある。
今はどうか知らないが、登ったところに蝋人形館?があったように思うのだが。

東京タワーは今見ても心が踊る。こどもの頃はもちろん、いいおとなになってからも、たまに東京へ来たとき、東京タワーが見えるだけで感激したものである。先日に見てきたスカイツリーよりも、私にとっての存在感は大きい。やはり、今でもあの高さはうれしい。ただ、まわりに高いビルが増えていることに、時間の経過が感じられる。

東京タワーのイメージというか思い出で、昔のテレビドラマの『月光仮面』をリアルタイム放送で観ていたとき、いつも途中まで建てかけの東京タワーが映っていた。それこそ、どこからでも見えるという感じで。思えば、当時の東京は舗装道路が多くなく、広っぱがそこらじゅうにあるという感じだろう。もちろん高いビルなども立っていないし。東京タワーは、のどかさたっぷり(の時代)の真っ只中で誕生したことになるのであろう。

浜離宮恩賜庭園

浜離宮恩賜庭園より

増上寺前より

増上寺

東京タワーの真下

広告を非表示にする