日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

今どきの居酒屋事情は?

家飲み感覚の居酒屋が現れたとのこと。今朝のテレビによると、その店では600円でアルコールドリンク等が持ち込み放題で、グラスや氷は無料サービスらしい。持ち込みの酒類がなくなると、外の酒屋さんへ買い出しに行って、またお店にもどって飲み直すお客さんもいる。

通常、酒屋で腰をすえて飲むと、おつまみの料金以上に酒代が料金の大半を占めることがよくある。家飲み感覚の居酒屋では、おつまみ料金だけで売り上げを賄おうということらしいので、(画面に映るお店は大盛況であったが)経営として成り立つものなのか興味深い。

先週、仕事が早めに終わり夕方前に焼鳥屋へ入った。そこの店はかなり久しぶりであったが、19時前まではアルコールドリンクの半額サービスを行っている。ただ、焼鳥の料金は標準の種類で150円から200円の価格帯が中心。昔からの焼鳥屋ファンとしては、他の飲食物の価格低下に比べ、(この店に限らず)焼鳥の価格上昇に不満があった。

いつものペースでお会計をしたところ、今までよりやけに安いと感じた。
もらったレシートを家に帰って見てみたら、食べたすべての種類の焼鳥が99円のサービス料金であった。そして、レシートの単価を見比べてみると、生ビールが半額の210円で、一番高かった品はなんと、お通しの300円であった。

こういうことでも、今の居酒屋戦線はたいへんであるとつくづく思う。
しかし、庶民の呑兵衛にとってはたいへんありがたいものである。

広告を非表示にする