日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

「曖昧」だらけ

福島では東北電力から電気を供給しているのに、あの原発は東京や神奈川へ供給される東京電力のものです。福島の人たちにとっては大迷惑もいいところですね。現地の報道では「東京電力原発」という呼び方をしているとか。地元の怒りの一端がかいま見られます。

あれから放射能の汚染水もれがどんどん見つかっています。
すでに海にもれていたとか。なんで今までにわからなかったのだろう。

まだまだ「人体に影響がない」発言があるとしたら、とんでもないことです。
とくに政府発表などでは伝書鳩みたいに伝えるのではなく、真の情報をもっと真剣に追及しなければいけません。

今も各国に助けてもらっていますが、かんじんの東電はまったくなす術がないみたいです。どさくさまぎれのアイデアは試していてもすべて役立たずで。

危機感がまったくないようです。
原発建設のときだって、根拠のない安全性だけを強調して、納得させるためにお金をたくさん遣ったのかも。その場しのぎもいいところです。

煽動された買い占めなども、抑えるだけのリーダーが欠如しているのが情けないです。起こったことの事後処理だけで、前向きな動きを政府はまったくできていません。それこそ民間の有名人や企業による寄付金はあんなに先行しているのに。

今だって人体に危険のないものは・・というような曖昧な表現で発表しています。
その基準をきちんと見極められる人がいないのではないだろうか。

広告を非表示にする