日日平安part2

日常を思うままに語り、見たままに写真を撮ったりしています。

短期大臣

またまた大臣の辞任です。今回は外務大臣。責任をとって、というけれど、仕事を全うしないで辞めるのを責任をとってとはいえません。対外的というか、諸外国から見てみっともない国だと思われてもしかたがありません。人に対してクリーンを訴えてアピールしても、わが身に降りかかると辞めて責任をとるということしかできない。

解散総選挙を待望する前与党だって、総理大臣が責任?をとってころころ変わっていた。それが元の鞘におさまっても結局は同じことの繰り返しでしょう。

どこの党がどうのこうのやっているより、仕事を全うできる責任のある大臣がどれだけ現れるかなのでは。一般企業のサラリーマンだって、目の前の自分の仕事を全うしようと必死になっているのに。都合が悪くなれば仕事を放り出して逃げるだけの責任感しか持ち合わせていない政治家とはいかがなものなのか。

広告を非表示にする